保育士@保育のヒント

保育のヒント、子育てのヒント、マネジメントのヒントを書いています。子どもがより良い環境で育つために、発信を続けています☆

保育園の日常「引き渡し訓練」

9月は防災月で保育園や幼稚園では「引き渡し訓練」があります。

 

f:id:hoikuQuestion:20200904071140j:plain

最近私の園でも引き渡し訓練をしました。

 遊んでいる最中に慌てて逃げたため、恐竜のおもちゃがひとつだけお散歩にでていた。

他にはないもなくてとても不思議な風景でしたので一枚撮りました。

 

引き渡し訓練では、伝言ダイヤル・避難リュックの中身確認・避難靴の確認・保護者情報の確認など準備があります。

しかし、本当に災害が起きたときには準備をしている時間はないので、日々の中で準備を進めていきましょう。

 

引き渡し訓練重要事項

・避難リュック

 避難リュックは長い間放置されていることがあるので、水や食料の小賞味期限を見落としがちです。

・避難靴

 避難靴も長い間放置されていることが多いと思います。子どもの足は年間で1cm程度大きくなりますので、年に2回は靴を変えることになります。いざ非難するときに靴が小さくて足が入らないということが起きないように、2ヶ月に1度は履かせてみましょう

・保護者情報

 実際に災害が起きたときには交通機関がストップしてしまいます。そのため、職場から徒歩で迎えに向かうことが予想されます。保護者が徒歩で迎えに来る時間がわかっていれば、どのくらい避難所にいればいいのかが把握できます。

事前に仕事場から園までどのくらいの時間がかかるか調べておいてもらうことも必要になります。

 

 

今日の園日誌

最近、筋肉が話題になっているクラス

 

「お前の筋肉どのくらい?」

「このくらいかな」(指で5cmほど表す)

「すくないじゃん!おれはこーんなにだよ」(大きく手で円を描く)

「すご!じゃあ先生よりつよいじゃん。先生と勝負してみてよ」

「いいよ!先生、相撲しよ」

 

ここまでの流れを見ていたため、勝つのは申し訳なかった

彼のプライドを守りたかった

相撲を始めるとすぐに負けてあげた

「やっぱ強いね!」

友だちが憧れの目を持っている

「次はお前が先生と勝負しなよ」

「え~勝てないよ」

と乗り気でないが勝負を挑んでくる

「はっけよい・・のこった!」

私はすぐに負けてあげた

「お前、すごいじゃん!先生に勝てたんだ」

誉められて嬉しそうにしている

「次は俺とやろ」

「え~やだよ」

とまた、一人が乗り気でないまま勝負が始まる

「はっけよい・・のこった」

あっという間に勝負がついた

 

勝ったのは乗り気ではなかった子

「勝てたー」

大喜びする子と悔しがる子

3回やっても勝敗はいつも同じ

「お前強いな。すごいじゃん」

ちょっと弱気になった相手をみて感ずいた

「最後の勝負ね」

「はっけよい・・のこった」

勝負は始めて勝ち負けが変わった

「やったー。やっと勝てた!」

大喜びをしている

 

子ども同士でも相手をたたせてあげる優しさがあると感じた出来事だった。

 

 


保育士ランキング

 

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村