子育て・保育のお悩み解決日記

子育て・保育士のお悩みを元園長が解決します!

子供の呼吸一時停止発作:何歳まで続くの?詳細ガイド

親にとって子供が泣いて突然息を止める瞬間は、非常に心配で不安定な体験です。

 

 

 

 

1. ブレス・ホールディング・スペルズとは?

ブレス・ホールディング・スペルズは、感情の高まりや突然の痛みなどによって、子供が一時的に呼吸を停止する現象です。

この状態は数秒から1分程度続くことが多く、医学的には一般的に無害とされていますが、見た目が怖いため親が非常に心配することがあります。

 

 

 

 

 2. 発作の兆候とは?

発作は通常、大泣きした後や突然のショックを受けた後に発生します。

子供が突然青ざめたり(チアノーゼ)、短時間意識を失うこともあります。

これらの症状は非常に短時間で、子供はすぐに通常の状態に戻ります。

 

 

 

 3. いつからいつまで続くのか?

多くの子供は6ヶ月から始まり、最も一般的なのは2歳から3歳の間です。

この現象は通常、子供が4歳から5歳になると自然に減少し、学齢期に入る前にはほとんどまたは完全に消失することが多いです。

 

 

 

 

4. 医師の診断と治療

ブレス・ホールディング・スペルズは通常、特定の治療を必要としませんが、発作の特徴や頻度によっては医師の診断が求められることがあります。

特に発作が頻繁に起こる場合や他の健康問題と関連している疑いがある場合は、詳細な検査を行うことが推奨されます。

 

 

 

5. 親ができる支援と対応策

発作が起こった際には、親は落ち着いて対応することが重要です。

子供を横に寝かせて安全を確保し、発作が止まるのを静かに待ちます。

また、予防策として、子供が過度に興奮したり疲れたりしないよう、日常生活でのストレスを管理することが助けになります。

 

 

 

 

 6. まとめと親へのアドバイス

ブレス・ホールディング・スペルズは多くの子供が経験する一過性の現象であり、大半の場合は自然に改善されます。

親としては、この状態を理解し、適切に対応することで子供を支えることができます。

何か不安なことがあれば、専門家に相談するようにしてください。

安全で健康的な子供時代をサポートするために、親ができることはたくさんあります。

 

 

 

 

 

子育て支援ランキング
子育て支援ランキング