子育て・保育のお悩み解決日記

子育て・保育士のお悩みを元園長が解決します!

健全な成長を促す子育ての重要性~比較は超危険~

子育ては喜びに満ちた旅でありながら、時には心の罠に陥りやすいものです。

その中でも、比較という罠は特に慎重に避けなければなりません。

親が子ども同士を比べてしまうことは、子どもたちにとって深刻な影響をもたらす可能性があります。

例えば、「あなたは言うことを聞いてくれるけどあの子は言うことを聞いてくれないね」というような比較の言葉は、子どもたちにとって愛されるための条件が言うことを聞くことであるかのような印象を与えかねません。

 

 

 

 

このような考え方は、子どもたちに不安や恐怖を与える可能性があります。

子どもの立場になればわかりますが、「あなたはうことを聞くからいい子」という教えを受けていると、言うことを聞かないといい子ではない=愛されないのではないか。という思考になってしまいます。

比較することで子どもたちは自己評価が低下し、兄弟姉妹同士の関係が損なわれる恐れがあります。

子どもたちが比較されることによって、自分という存在の大切さや自己肯定感が揺らぎ、自信を失うことがあります。

また、比較されることで、兄弟姉妹同士の間に嫉妬や敵意が芽生え、家庭内の和や安定が損なわれることもあります。

親の気持ちとしては「比較」とうことをしないと、自分の子どもの良いところが見ないという気持ちもあるかと思います。

しかし、親が子どもたちを比較することは、愛情を示す方法ではありません。

愛情は、比較や条件付けに基づくものではなく、子どもたちが自分自身であり、自分を受け入れることを支援することによって表現されるべきです。

 

 

 

 

では、比較するべき相手は誰なのでしょうか?

それは、昨日の自分です。

子どもたちは日々成長し、発展しています。

その過程で、自分自身との比較を通じて成長を感じ、前進することが重要です。

親は子どもたちに、他人と比較するのではなく、自分自身との競争に集中するように促すことが育成において重要です。

子育ては愛と尊重の旅です。

比較の罠にはまらず、子どもたちが自分自身を受け入れ、成長することを支援しましょう。

比較からの解放は、子どもたちの健全な発達にとって極めて重要です。

親は、自己受容と自己肯定感を促進することで、子どもたちが自信を持ち、自己成長を果たせるようにサポートするべきです。

また、比較に陥りやすい状況を避けるためには、子どもたちの個々の長所や興味を尊重し、それぞれが自分のペースで成長することをサポートすることが不可欠です。

子育ては長い旅路であり、失敗もありますが、愛と尊重があれば、子どもたちは健全に成長し、幸せな人生を歩むことができるでしょう。