子育て・保育のお悩み解決日記

子育て・保育士のお悩みを元園長が解決します!

お金の重要性を学ぶ保育士の必要性

「お金」という言葉は、私たちの生活に深く結びついています。

 

しかし、保育士として働く多くの人々が、お金に関する基本的な知識を持っているかどうか疑問です。

日本の教育制度では、お金についての教育機会がほとんど提供されていません。

そこで、私は保育士として働きながら、自分自身でお金の重要性を学ぶ必要性があるのではないかと感じました。

給与が入ると、欲しいものを買ったり、生活費を支払ったりすることが一般的ですが、その給与の全体像を把握していますか?

給与と手取り額が異なるのはなぜでしょうか?

 

 

 

その背後には税金や保険料の引かれ方が関わっているということを知っていますでしょうか?

私たちは、日々の業務に忙殺されながらも、お金について学ぶことは重要だと考えます。

そこで、この記事では保育士としての立場から、お金についての基本的な知識や重要性について考えてみたいと思います。

 

 

 

「保育士はどの程度お金について知識を持っているでしょうか?」日本の教育課程では、お金に関する教育が不足しています。

 

学生時代に覚えたのは「クレジット払い・リボ払い」程度で、実際のお金のことについてはほとんど学びませんでした。

 

私は   保育士として、お金に関する興味があり、本や動画を通じて学びましたが、毎日の忙しさの中でお金について学ぶ時間を作るのは簡単なことではありませんでした。

 

そこで、時間の取れない保育士に向けて、今回からは少しずつお金のことについて記事を書いていきたいと思います。

 

あなたはお金をどのように使っていますか?

 

給与が入ると、欲しいものを買うことや諸費用を支払うことを考えるでしょう。

 

しかし、給与と手取り額が異なることを知っていますか?

 

手取り額が低い理由は、給与から税金や保険料が差し引かれているからです。

 

つまり、保育士は給与の一部を国や社会のために働いていることになります。

 

 

 

 

しかし、多くの人がこの事実を認識していないかもしれません。

 

また、税金を減らす方法やお金を貯蓄するだけでは、お金の価値が下がる可能性もあります。

お金に関する知識が不足しているのは、政府が適切な情報を提供していないためです。

知識があれば得をすることもありますが、知らなければ損をする可能性もあります。

 

保育士として働く私たちは、子どもたちの将来を考え、お金の重要性を理解する必要があります。

お金があれば、大切な人を守ることができるし、幸せを買うこともできるかもしれません。

お金について学ぶことは、自分自身だけでなく、周りの人を幸せにするチャンスです。

 

一緒にお金について学んでみませんか?